時間を買うという感覚

フリーエンジニアの報酬はどれぐらいが期待出来るのでしょうか。
全て自分で行っているフリーエンジニアの場合、高額の報酬を得る仕事を探すのはとても大変なようです。
まず営業に時間が必要ですし、運よく仕事の話に繋がっても報酬の話、納期の話、また仕事内容についての細かい打ち合わせがありますから意外と時間がかかってしまうもののようです。
これらの打ち合わせに関することが終われば、仕事にかからなくてはいけません。
仕事をしている時間は営業などに使う余裕がない場合がほとんどですから、仕事が完全に終わるまで次の仕事に向けて動くことが出来ません。
また一度納品した仕事がそのまま修正の必要がなければ良いのですが、手直しが必要になった場合はその分の時間もかかってきます。
全ての仕事が完了して、また営業や打ち合わせといった作業を経て、仕事に入るというサイクルの繰り返しをしているフリーエンジニアが多いのが現状です。

このようなサイクルを続けていると生活も大変ですし、収入も予測がつきにくくなってきます。
そこでプロに依頼するフリーエンジニアも出てきました。
エージェントを仲介して仕事をするといった方法です。
もちろんプロを仲介にするのですから手数料がかかりますが、自分自身が営業に回ったり打ち合わせなど仕事以外にかかる時間を考えると高い手数料ではないと思います。
エージェントを利用することで、効率よく仕事を進めることが出来るはずです。

肝心の手数料ですが、これはエージェントによって金額が変わってきます。
また、仲介する業者などがどれだけいるかで報酬額も変わってきます。
理想は発注者からエージェント、フリーエンジニアの流れです。
この点についてはエージェントに確認することが可能ですから、仕事の内容や条件を考えて報酬が低いと感じる場合は確認する必要がありますし、エージェントを変える必要も考えると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です