初めてのフリーエンジニア

フリーエンジニアで働こうと考える人は年々増えてきていますが、フリーエンジニアで一定の収入を望むのであれば、準備がとても大切だと思います。
まず企業の中で働いていた人が、フリーエンジニアになって仕事を受注することが出来るかというと、かなりの下準備が出来ていないと難しいというのが現状です。
いくら企業の中で仕事の成果を上げることが出来ても、これから仕事を受注するにはアピールが少ないからです。
自分のスキルやキャリアを元に仕事を受注するしかありませんが、今まで営業職を経験したことがなければ、新しい企業と仕事の提携を結ぶのは大変困難な仕事になります。
契約書一つにしても重要なものですが、作成の仕方や、明記しなくてはいけない条件、また受けてはいけない条件などもあります。

このような判断は、今まで企業の中で働いていた人には難しいことだと思うのです。
ですから初めてフリーエンジニアで働こうと考えている場合、エージェントを活用することを勧めたいと思います。
エージェントはインターネットで検索すると数社見つけることが出来ます。
ここで大事なのは、そのエージェントが信頼に値するかどうかの見極めです。
インターネットではエージェントの評価も知ることが出来ます。
その情報が全て真実であるかどうかが不確定要素であることは、インターネットの評価コメントを読んだり、参考にしたことがある人ならおおよその判断が出来ると思います。
大手だから安心、というものでもありませんし、新規のエージェントだから良い仕事を持っていないと判断するのも問題です。
まずは周りの評価と、自分自身がコンタクトを取ってみて感じた印象などを基準にすると良いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です