個人では難しいこと

フリーで働くということは個人事業主になるということです。
フリーエンジニアの場合も同じで、納税の仕方や開業届の仕方など、面倒なことがたくさんあります。
周りにすでにフリーエンジニアとして活動している人がいれば、どのような手続きが必要なのか、またどのようにするとスムーズに開業することが出来るのか、聞くことが出来るので助かります。
周りにこのような人がいなくても、インターネットで調べると詳しく手続きの方法などを教えてくれるサイトもありますので、参考にすると良いでしょう。

ただ多くの先輩や経験者の意見では、会社を辞めてフリーエンジニアになるのではなく、会社に勤めている間に準備をしておく必要があるというものが多いです。
例えば当面の報酬が未確定の場合を考えて、貯蓄をしておくことも必要ですし、また急な出費などに備えてローンカードやクレジットカードなどを作っておくことは、会社員時代でないと難しいことです。
そして納税するためのお金を管理するための銀行口座を作ったり、入出金用の銀行口座を作ることも必要になってきます。
この時に利便性などを考えて銀行を選ばないと、後々面倒なことが増えてきますので、よく考えて準備しましょう。

また仕事を探すことに関しても、自身で営業をするには不安が多いと思います。
その為近年ではエージェントを仲介して仕事を受注するフリーエンジニアが増えています。
仕事を発注したい人を探す手間も必要ありませんし、大きなエージェントの場合、いくつかの案件を抱えている場合が多いので、意外と早く仕事を請けることが出来るようです。
報酬についても仕事の内容と一緒に金額も提示されますので、受けるか断るかの判断もしやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です