個人事業主としてすること

エージェントの仕事は仲介業と考えると分かりやすいかもしれません。
仕事をして欲しい発注者と、仕事をしたい人とを結びつける役割です。
フリーエンジニアになりたい人は多いのですが、仕事の内容よりもいかに仕事を獲得するかといったことが一番の問題に感じている人は多いのではないでしょうか。
今まで営業をしたことがあれば、営業に回ることも可能ですが、自分で営業をしながら仕事をして、経理関係の雑務をするとなると大変な労力になります。
エージェントはこの雑務関係も簡略してくれるので、近年では活用するフリーエンジニアも多いようです。
しっかりしたエージェントの場合、固定の顧客をいくつか抱えていますので仕事に困ることが少ないようです。
また報酬についても先方との打ち合わせが出来ていますので、先に聞くことも多いようです。

フリーエンジニアとして働くには、個人事業主として登録する必要もありますし、また税金などの納税義務も発生します。
納税に関しては会社員であっても行っていたことなので、納得出来ることだと思いますが、個人事業主になって変わるのは消費税の扱いです。
多くのエージェントの場合、消費税を含んだ金額を提示されますので受け取った金額が全て利益ではありません。
報酬の中から消費税分を差し引いて、別に管理しておく必要があるのです。
うっかり使ってしまうと、納税の時に大変ですので別口座を作るなり、管理は注意するようにしましょう。
エージェントを活用しての報酬の場合、フリーエンジニアであればおおよそ50万円くらいからではないかと思います。
仕事の内容にもよりますが、時間がかかり面倒な仕事で50万円以下であれば、他のエージェントを考えた方が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です